よくある質問

ウッドオフィスに関して

どのような番組を制作していますか?
当社では、創業以来、時代のニーズに合わせてニュースからバラエティ、スポーツ、ドラマ、CMまで多岐に渡って数多くの番組を制作してきました。
現在は、情報・バラエティ、スポーツ(中継、ドキュメンタリー)、ニュース・ドキュメンタリーの3分野を軸に番組を制作しています。
WACホールディングとは?
映像を総合的にプロデュースする集団として、映像企画制作会社であるウッドオフィス(株) (Wood’s Office)を軸に、ビデオ編集センター・麻布プラザ(株) (Azabu Plaza)、放送機器レンタル・販売のクリエイティヴ・コア(株) (Creative Core)、それぞれの頭文字を取って名付けられたのがWACホールディング(株)です。
ウッドオフィスには子会社として人材派遣会社のウッドオフィスキャリア(株)。放送芸能プロダクション事業部としてA3プロデュースがあり、企画立案~納品までの番組制作行程のほとんどをグループ内部だけで賄うことが可能になっています。
ドラマの企画制作はしていますか?
主要作品リストに記載されている以外にも、ドラマ、ビデオシネマなど数多くの制作実績があり、今後も積極的に制作していきます。
CMの企画制作はしていますか?
いままでに年数本づつ制作していますが、CM制作はテレビ番組などの制作とは違った部分が少なからずあるため、主軸とはならないと思いますが、今後も積極的に制作はしていきます。

応募に関して

既卒者・大学院卒業予定者は応募可能ですか?
当社では、受験資格として新卒、既卒、また専門学校、短期大学、4年生大学、大学院、高等学校卒など出身学校の種別は、特に選考の条件とはしておりません。
各種セミナーや学校でのウッドオフィス説明会などを受講しないと応募できないのでしょうか?
説明会受講の有無は応募条件に含まれてはいませんので、受講しなくても応募は出来ます。
なお、説明会では、入社2~3年目の先輩ADとのディスカッションを予定していますので、機会があれば是非参加してみてください。
WACホールディング関連各社での採用、また入社後に各社への出向などありますか?
関連各社ごと採用を独自に行っておりますので、当社にて関連各社での採用や出向などを行うことは、原則としてありません。
但し、各社入社後に本人の希望があれば転籍することは可能ですし、実際に転籍し活躍している社員もおります。
なお、関連各社の募集要項は、それぞれ独自に募集をしており、当社では分かりかねますので、日程など詳しい状況などは、麻布プラザクリエイティヴ・コアそれぞれの募集告知ページをご確認ください。
使っているパソコンで「応募用紙」が上手くダウンロード、プリントアウトできません。どのようにすれば良いのでしょうか?
それら諸々を含めての募集となっておりますので詳しいことはお答えできません。
臨機応変に対処するようにしてください。
パソコンを扱えないといけないのでしょうか?
インターネットを利用してのリサーチ、撮影用台本などのワープロ清書、テロップの作成…、そしてパソコンを使って行う編集業務、等々。
入社後、パソコンを使って行う業務が多いことから、『インターネットの情報を活用して、見栄えの良いレポートが作成できる』程度のパソコン習熟度は必要です。
それ以上は入社後に覚えてくだされば結構です。
なお、これまでの業界の流れ、特にパソコンを使って行う編集業務はApple社の「Final Cut Pro」を使っていた流れで、導入されているパソコンにはMacが多いのですが、Windowsと通常の扱いに大きな違いはありません。
採用に関して有利な資格などありますか?
採用に有利になる資格はこれといってありませんが、運転免許証は有ったほうが良いです。業務で運転をするということではなく、テレビ業界に限らずに社会人になってから運転免許証を取得しに行くのは非常に困難ですし、運転をする機会は意外と多いですから、まとまった時間を当てられる学生時代に取得することを強く勧めます。
学校ではテレビ番組とは縁もゆかりもないことを学んでいますが大丈夫ですか?
テレビ番組と縁もゆかりもないことって何でしょう?テレビ番組のネタにならないことなんて世の中に一つもありません。
今学んでいることをテレビ番組のネタにすればいいだけです。
例えば「法学」を学んだのなら「法律バラエティ」の企画書が書けるし、「栄養学」を学んでいるのならダイエットネタには困らないでしょう。
テレビ業界のことやADの仕事内容は入社後に学んでください。もちろん、学校で映像分野の勉強をしたのならばそれを最大限に活かし、スタートダッシュをしてください。
インターンシップの受け入れは行っていますか?
テレビを見ているだけでは、全く想像がつかないのが、テレビ番組の制作現場ではないでしょうか?
そのギャップを埋めるべく、ウッドオフィスでは積極的にインターンシップを受け入れています。
受け入れ期間、条件などインターンシップ情報をご覧の上、是非ご相談ください。
但し、番組制作には企画立ち上げから完成まで最短でも3ヶ月程度は必要とします。
3~5日程度で全てを理解するのは非常に困難ですから、少しでも長い時間を預けていただければ嬉しいです。

入社後の待遇に関して

勤務場所について教えてください。
勤務場所は、ウッドオフィス社内(東京都港区新橋)の他に、ウッドオフィスキャリアに所属して在京各テレビ局スタッフルームでの勤務があります。
入社後の配属はどのように決定されますか?本人の希望は考慮されますか?
入社後は1ヶ月程度の研修期間を経て各番組へ配属されます。配属される番組は本人の適性と現場の制作状況に応じて決定されます。
希望もある程度は考慮します。但し、「釣り好きなので釣り番組」「漫才ファンだからお笑い番組」というような単純な発想の配属はありません。
それよりも、様々な番組に携わり、色々な経験を積むことのほうが重要だと考えています。
ディレクター(プロデューサー)になるには、おおよそ何年ぐらいかかるのですか?
入社してからの努力と、その間に磨かれた才能によってディレクターになる年数は決められますから目安としての年数は特に有りません。努力が足りなければ10年経ってもアシスタントディレクターのままというのがこの業界です。
ウッドオフィスでは、2年目を過ぎた頃にはディレクターになるための課題とチャンスを個々に与えて成長を促しています。平均すれば3年位がメドになるでしょうか。ちなみに映像に関する才能はディレクターになってから必要で、アシスタントディレクターの間は努力の方が何百倍も必要です。
才能は努力の結果、見つけ、養われ、身に付いてくるものです!
現在、ディレクターを希望していますが、将来的にプロデューサーになることは可能でしょうか?
採用試験で本人の希望を伺い、入社後、各部署・各番組へまずはアシスタントディレクターとして配属されます。
しばらく経験を積んだ後、本人の希望を尊重し、適性を見極め、プロデューサーとして働いてもらうことになります。
ただ、プロデューサーは番組を統括する存在である以上、ある程度の「演出能力」が必要だと考えています。
ディレクターと演出論を討議できる間柄でなければ現場を抑えることは難しいからです。
入社してすぐに自分の企画やアイディアを実際の番組で活かすチャンスはありますか?
ウッドオフィスのプロデューサーやディレクターは常に門戸を開き、新しいモノを求めています。
月に1~2回、企画会議を開き、スタッフ全員でネタを持ち寄り、アイディアを精錬しています。
斬新かつ具体的な企画・アイディアがあれば、臆することなくドンドン提案してみてください。
勤務体系について教えてください。
勤務時間は、原則として朝10時に出社し、夜19時まで、休日は日祝日と隔週土曜日と年末年始、夏期休暇となります(その他に慶弔休暇制度有り)。
しかし、勤務時間は早朝にロケが入ったり、収録や編集が長引けば終電までとなってしまいますので、現場の状況に合わせてシフトしていくことになります。
入社2年目からは裁量労働制となり、自らの裁量で労働時間を管理し、業務を進めていくことになります。
また休日に関しても同様で、休日は現場の状況に合わせて取るようになります。
給与体系について教えてください。
基本給に休日出勤手当などの諸手当と交通費を加えたものが毎月25日に銀行振り込みで支給されます。
入社2年目以降は、年棒制に移行し、実力主義による査定で給与が支払われることとなります。
派遣業務ってなんですか?
テレビ局で放送されている番組は、次の2つに大別されます。
・テレビ局制作
・制作会社制作
その内の、テレビ局制作番組のほとんどはテレビ局員だけで制作されているわけではありません。
番組制作会社から派遣されたスタッフで混成チームが編成され、番組制作が行われています。
プロデューサー以外、ほとんどが制作会社のスタッフといった現場も少なくありません。そのような現場に就くのが「派遣業務」です。
番組制作の現場は一般業務と違い、専門性の高い業種として一般的な派遣とは違う「特定派遣」に指定されていました。
そのため派遣するスタッフとは正社員としての雇用契約が必須でした。
2015年の派遣法改正後もコンプライアンスと就業環境により同様の条件で契約がされると考えられています。
社員寮などありますか?
残念ながら用意はありません。

新規採用募集要項

詳しくはこちら